経済と社会を変える65のQ&A 木村剛『日本再生会議』の読書録

厚生年金・国民年金増額対策室年金読書録(年金、年金生活、社会保障関連の本) > 木村剛『日本再生会議』の読書録

厚生年金・国民年金増額対策室

木村剛『日本再生会議』

新書:239ページ
著者:木村剛
出版社:講談社
発売日:2004年(平成16年)4月20日第1刷発行

目次

はじめに

【第1章】 暮らしと資産はどうなるのか
Q1 「年金が崩壊する」と聞き、老後が不安です。改革で年金制度は本当に大丈夫になる?
Q2 妻と子供一人を抱える30代のサラリーマンです。
ローンを組んで家を買うのは解でしょうか、それとも損でしょうか?
Q3 「預金封鎖」というのは、本当に怒るのでしょうか?
Q4 マンションの価格は、業者が言うように本当にこれ以上下がらないのでしょうか?
Q5 住宅ローンを組むのですが、変動金利と固定金利、どちらが有利ですか?
Q6 最近、銀行が売り出している長期固定金利の住宅ローンなら、
将来金利が上昇するリスクを心配しなくてすむのでしょうか?
Q7 「若者は将来年金をもらえなくなる」と言われていますが、本当でしょうか?
Q8 今後、消費税はさらに上がるのでしょうか。上がるとしたら、どこまで上がりますか?
Q9 日本の小中学校でも、アメリカのように、子供に株や投資の教育をすべきでは?
Q10 株や投資信託を買いたいのですが、個人が投資する際に気をつけるべきことは?
Q11 投資信託を買わないかと勧められています。株式と投資信託の違いは何でしょうか?
Q12 どんな金融商品をどう組み合わせて投資すればいいのでしょうか?
Q13 外貨預金は、為替の変動リスクが大きくて危険だと言う人もいますが、した方がいい?
Q14 「国債は暴落する」と予測する識者がいますが、国債暴落の可能性はありますか?
Q15 不動産投資信託を個人投資の対象と考えてもいいものか、教えてください。
Q16 ファイナンシャルプランナーの資格を取って会社をやめたいOLです。日本では、
独立したファイナンシャルプランナーが営業していくことは難しいのでしょうか?
Q17 「SBI」という新しい投資が注目されているそうですが、従来の投資とどう違う?

【第2章】 銀行はこれから立ち直れるのか
Q18 今の銀行はあるべき姿ではないと思います。「竹中プラン」ですべての銀行を国有化し、
株主を刷新していたら、不良債権問題はもっと早く解決していたのでは?
Q19 銀行は相変わらず大口融資先への債権放棄、つまり借金の棒引きを続けていますが、
なぜこんなことが許されるのでしょうか?
Q20 銀行の「貸し渋り」や「貸し剥がし」はまだ続いているのですか?
Q21 りそなグループの公的資金注入の際に注目を浴びた「繰延税金資産」とは何ですか?
Q22 2005年4月に解禁するペイオフで銀行の淘汰が進みますが、どう対処すべき?
Q23 ペイオフ解禁は、銀行の経営にどう影響を与えるのでしょうか?
Q24 銀行には公的資金が何度も注入されてきましたが、その注入のシステムに問題はない?
Q25 規模の小さな地方金融機関は、これから生き残っていけるのでしょうか?
Q26 2004年4月に改正された証券取引法は、個人投資家にどう影響しますか?
Q27 新しいビジネスモデルとして女性専用の銀行を考えていますが、設立は可能ですか?
Q28 最近、一部の銀行が始めた「若年層向け口座」の狙いは何でしょうか?
Q29 加入している生命保険会社が経営不振だと報じられ、不安です。
生保破綻の際のセーフティネットは用意されているのでしょうか?

【第3章】 会社とビジネスはどう変わるのか
Q30 私の勤務先の銀行で、人事評価に成果主義が取り入れられつつあります。
成果主義で経営は好転するのでしょうか?
Q31 得意ではない英語を使う必要に迫られています。木村さんお勧めの英語上達法は?
Q32 今の日本企業には、昔のように成長しようという意欲がないのでしょうか?
それとも、それは大企業だけで、中小企業は違うのでしょうか?
Q33 大手銀行が相次いで中小企業向け無担保ローンを発売していますが、
これからは中小企業向けの融資は大手銀行が中心になりますか?
Q34 木村さんが考える「優れた経営者」の条件を教えてください(具体的人名を挙げて)
Q35 企業の海外進出による産業空洞化が指摘されていますが、国内の産業は衰退しますか?
Q36 「中国脅威論」がさかんに語られますが、中国経済は今後も拡大を続けますか?
Q37 企業再生ビジネスはうまく機能しているのでしょうか?
Q38 ブランド戦略が大切だと言われますが、日本企業のブランド戦略は順調ですか?
Q39 現在の株式制度は、起業する際には使いにくいと思います。
有効な企業支援の方法として、どのようなものが考えられますか?

【第4章】 日本は危機を乗り切れるのか
Q40 日本が抱える巨額の財政赤字問題への対処法はあるのでしょうか?
Q41 日本の国債発行、つまり借金の状況は危険な段階だそうですが、どのくらい危険?
Q42 道路公団民営化問題は、借金で無駄な道路を造り続ける政府案通りに決まり、
がっかりしました。猪瀬直樹氏らに期待していたのですが、どうしてあんな結果に?
Q43 日本のデフレはまだ続きますか。あるいは、将来インフレになる可能性はありますか?
Q44 「デフレ脱却のためにインフレターゲットを導入せよ」と言う経済学者たちがいます。
インフレターゲット政策でうまくいくのでしょうか?
Q45 経済政策には財政政策と金融政策がありますが、両者はどういう関係にあるのですか?
Q46 構造改革と一言で言いますが、不振企業を潰すことなのか、特殊法人を減らすことか、
郵政事業の民営かなのか、よくわかりません。構造改革は進んでいるのですか?
Q47 今のような日本経済の低成長は、いったいいつまで続くのでしょうか?
Q48 家を買った後、デフレが来てローンの返済に苦しんでいます。
今後、不動産バブルが再燃することはあるのでしょうか?
Q49 現在の日本の低金利はこのまま続くのでしょうか?
金利が上がるとすれば、どのくらいの水準まで上がりそうですか?
Q50 日本の財政はあまりにも国債に依存していますが、今後も国債は順調に消化される?
Q51 「財政投融資に国民のおカネがたくさん使われていて問題になっている」と聞きました。
財政投融資の仕組みと問題点を教えてください。
Q52 厚生労働省は、国民から集めたおカネを株で運用し、損をしているそうですが、
国民として納得できません。なぜそうしたことになったのか教えてください。
Q53 アメリカの「双子の赤字」とは何ですか。ドル暴落や世界経済混乱の原因になる?
Q54 霞ヶ関の役所の中で、どこが最も国のおカネを使っているのでしょうか?

【第5章】 日本の経済と社会に未来はあるのか
Q55 今後、日本経済の牽引役として何が考えられますか?
Q56 日本も二大政党制になるべきだという主張について、木村さんはどう思いますか?
Q57 日本のサッカーがもっと強くなるためには何をすべきだと思いますか?
Q58 2004年春現在、為替相場は円高だそうですが、
円相場は日本経済にどんな影響を与えているのでしょうか?
Q59 「円安になればすべてうまくいく」と言う識者が少なくありません。
日本の通貨政策は、円安を志向すべきなのでしょうか?
Q60 日本政府の円売り介入など、為替介入にはどんな問題があるのでしょうか?
Q61 安全保障面でも経済面でも、日本はアメリカの事実上の属国だと思います。
今後もこの状態を続けるべきなのでしょうか?
Q62 日銀がとってきた金融緩和策は、いつ、どのように転換されるのでしょうか?
Q63 日銀の福井俊彦総裁は、手腕が高く評価されているそうですが、
具体的には何をしているのですか?
Q64 株価に大きな影響を与えていると言われる「ヘッジファンド」とは何ですか?
Q65 知的財産をビジネス化することが、今後の日本で有力な収益源になるそうですが、
難しいとも言われています。なぜ、知的財産のビジネス化は難しいのですか?

おわりに-KFi Clubスタッフより

以下読書録作成予定