価格破壊の「地獄」から抜け出せるのは技術力のみ 長谷川慶太郎『超「格差拡大」の時代』の読書録

厚生年金・国民年金増額対策室年金読書録(年金、年金生活、社会保障関連の本) > 長谷川慶太郎『超「格差拡大」の時代』の読書録

厚生年金・国民年金増額対策室

長谷川慶太郎『超「格差拡大」の時代』

単行本:203ページ
著者:長谷川慶太郎
出版社:東洋経済新報社
発売日:2006年(平成18年)6月29日発行

表紙

ベストセラー『「超」価格破壊の時代』から10年超
日本を襲う「次なる衝撃」と「新潮流」

[主な内容]
・格差拡大を生む世界の潮流
・デフレは「格差」を拡大する
・デフレは世界経済を成長させる
・価格破壊のグローバル化は進む
・デフレが求める強い個性
・日本の一人勝ちが始まった
・格差拡大は一層激しく厳しくなる

目次

まえがき
小泉政権はデフレを追い風とした
中国ダンピング輸出の悲惨な背景
米国の一極支配がもたらした平和と安定
格差拡大は避けられない

【第1章】 格差拡大を生む世界の潮流

1.21世紀は「米国主導の一極支配体制」が続く
「唯一の大国」が平和をもたらす
イラク戦争は泥沼化しない
ゲリラ戦には軍隊より警察力が有効
安定を回復したイラク
自由選挙がもたらした女性の解放
パレスチナでのハマスは無力化される
圧倒的な米国との軍事力格差
技術格差を生む膨大な軍事予算
ソ連製戦車は米国製に対抗できなかった
冷戦を終結させた軍事力の格差
強大な軍事力を支える経済力
世界の「金融センター」としてのニューヨーク
米国の長短金利の分離はなぜ生じたか
余裕資金の運用先はニューヨークしかない
ライブドア株を処理できなかった東京市場
デフレ下では中央銀行の威信と影響力は低下する
機敏に対応する米国の政治力
大統領が率先してエネルギー対策

2.大規模な戦争の脅威は存在しない
再編成進む米海軍機動部隊
どこの国も歯向かえない強大な軍事力
無言の圧力に抗し切れない反米勢力
中国も屈服せざるをえない

3.デフレは「格差」を拡大する
平均寿命を延ばした最大の要因
過剰な労働力・商品がデフレの時代を生む

【第2章】 余裕資金が向かう世界の大プロジェクト

1.販売競争の激化
価格破壊のグローバル化は進む
過剰人口に基づくデフレの大発生源
無限に続く「地獄の苦しみ」
ダンピング輸出の連鎖
最先端分野へも殴り込み
進展するM&A

2.デフレ下の企業経営に成功する要因
「勝ち組」と「負け組」を生む決断の時期
韓国・三星電子の巨額な開発投資
「予測能力」の運とツキも決め手

3.デフレ下のカネ余り
企業に滞留する余裕資金
行き先を求めている余裕資金
巨大な国際プロジェクトに向かう資金
延々と敷設されるパイプライン
増えるLNGへの需要
採算が取れるプロジェクトかどうかは経営者しだい
デフレ下だからこそ進む世界の大型プロジェクト
米国では順調に進むエネルギー・プロジェクト
石油の代替資源の事業化が開始される
国際プロジェクトを進展させることの厳しさ

4.世界で唯一の「金融センター」
国際プロジェクトを成功させる民間企業の条件
ニューヨークだけができる資金の安定的・効率的運用
ますますニューヨークに集中する余裕資金

【第3章】 デフレは世界経済を成長させる

1.巨額の余裕資金の影響
投機資金となって相場を高める
勝ち組になるために必要な「企業統合」
「独占禁止法」は変質した
ガソリン値上げに対抗する米国消費者
マーケットの調整能力

2.資源開発を中心にした大規模投資
逆転する長短金利
「資源開発プロジェクト」に必要な政治的譲歩
先進国サミットに参加できる条件
新エネルギーのメタン・ハイドレードをいかに開発するか
資源開発のために必要な資金と組織体制
開発へ不可欠な政治的安定
東南アジアの本格的開発が始まっている
メジロ押しの世界の大プロジェクト
大プロジェクトに利用される世界の余裕資金

3.大規模投資のリスク
ドイツ前首相シュレーダーがとるリスク
自然のリスクをどこまで克服できるか
オーストラリア政府が下した決断
投資の安定的環境を保証する金融センターが急務

【第4章】 デフレが求める強い個性

1.投機の勝者は少数派
安いときに買って、高くなってから売る
トヨタの投機による帝王学
決断力すなわち度胸があるかどうか

2.日本人の欠陥
「和を以って貴し」とする国民性
自由と統制のもとで一貫しない世論
「外国人投資家」が示した株高の背景
孤高を恐れず信念を貫く
「買い手」の利益に即した小泉、「売り手」に即して負けた野党

3.日本の一人勝ちが始まった
熾烈な設備投資の戦い
日本だけがつくれる「高級品」
原油価格の値上がりは日本に追い風
日本の技術力が世界をリードする

【第5章】 「格差」は必要か

1.制度のさらなる改革へ
米国では官僚は完全に政治に従属する
双子の赤字は米国経済の障害ではない
改革の遅い「職業的官僚集団」が行政を支配する国
制度改革への決断が必要

2.「格差」が生む刺激効果
デフレが生む多数の「負け組」と少数の「勝ち組」
はい上がれる希望とチャンスが必要
格差は繰り返し発生する
「波乱万丈」の変化を楽しんで生きる

3.格差を活用せよ
「買い手」の心の中にある新しい時代への期待
日米の金利格差は制度改革を促している
格差拡大は永続し激化する

以下読書録作成予定