寡婦年金Q&A>厚生年金34年の私は、寡婦年金と死亡一時金のどちらを選択したほうがよい?

厚生年金・国民年金増額対策室年金をもらう|寡婦年金Q&A > mk0603

厚生年金・国民年金増額対策室

関連ページ| 寡婦年金

厚生年金34年の私は、寡婦年金と死亡一時金のどちらを選択したほうがよい?

私は60歳寡婦(未亡人)です。
私には34年の厚生年金加入期間があります。
夫が亡くなったことで発生した、
「寡婦年金」と「死亡一時金」の権利について、
どちらかを選ばないといけないということで悩んでおりましたが、
年金に詳しい方の話では「死亡一時金」が良いということです。

たった一回の支給で、
しかも20万円程度にしかならないのに、
どうして死亡一時金がいいのかなかなか理解できません。
本当に「死亡一時金」の方が良いのでしょうか?

特別支給の老齢厚生年金と寡婦年金

ここでは厚生年金加入期間が34年あるというのがポイントです。
あなたの場合、60歳から自分の年金として、
特別支給の老齢厚生年金支給(一定期間は部分年金)
が支給されますが、
特別支給の老齢厚生年金と寡婦年金とは選択です。

厚生年金加入期間が長い人は

34年もの厚生年金期間ですと、
寡婦年金の年金額よりも多額の年金を受け取ることができるため、
特別支給の老齢厚生年金を受け取った方が断然有利です。

2つの選択肢

選択肢は2つです。
「65歳まで寡婦年金」
だけを受け取るのか、
「65歳までの特別支給の老齢厚生年金+死亡一時金」
を受け取るのか。

圧倒的に後者が有利ですので、
「死亡一時金を選択した方がよい」
という結論になります。

年金の手続は慎重に

年金では、人の数だけ年金の選択肢が存在します。
一度行った手続きは、原則変更不可能ですので、
必ず理解をした上で手続するようにしてください。
(社会保険事務所等でご確認を)


厚生年金増額対策まとめ

厚生年金繰り下げ受給加給年金中高齢の特例60歳台前半の特例定時決定育児休業
退職改定任意単独被保険者高齢任意加入被保険者在職老齢年金3歳未満の養育特例

国民年金増額対策まとめ

任意加入被保険者国民年金繰り下げ受給保険料免除制度国民年金基金時効の2年間
前払制度(保険料前納)会社員(厚生年金加入)付加年金第3号被保険者

年金Q&A

公的年金制度と年金問題老後の年金生活の実態よくある年金の勘違い年金と税金
年金、ここが損得の分れ目国民年金の保険料国民年金保険料の免除厚生年金の保険料
年金の受給全般老齢基礎年金の受給老齢厚生年金の受給加給年金の受給寡婦年金
厚生年金保険への加入国民年金への加入年金の任意加入離婚時の年金分割
遺族厚生年金 遺族基礎年金中高齢寡婦加算在職老齢年金QA国民年金基金QA

国民年金・厚生年金情報通

厚生年金厚生年金と国民年金国民年金年金生活消えた年金問題

年金の手続きその他

年金受給者の手続き裁定請求書の書き方と留意点年金相談事例厚生年金の受給開始年齢
年金読書録(年金、年金生活、社会保障関連の本)消えた年金記録とは?プライバシーポリシー