年金手帳再交付申請書(年金手帳をなくした時・破損した時)の書き方等

厚生年金増額対策室国民年金・厚生年金の手続き(年金受給者の手続き) > 年金手帳再交付申請書(年金手帳をなくした時・破損した時)

厚生年金・国民年金増額対策室

年金手帳再交付申請書(年金手帳をなくした時・破損した時)

年金手帳を紛失したり、破損したときは、『年金手帳再交付申請書』により再交付の手続きを行います。

年金手帳再交付申請書の画像(社会保険庁HP)

年金手帳再交付申請書の提出先と提出期限

第1号被保険者…市区町村等
第2号被保険者…会社を管轄する社会保険事務所等
第3号被保険者…会社を管轄する社会保険事務所等

年金手帳再交付申請書は、年金手帳の紛失、破損、き損があってからすみやかに提出するものとされています。

年金手帳再交付申請書の書き方と留意点

記入事項 年金手帳再交付申請書の留意点等

1「年金証書の基礎年金番号」

年金証書または年金手帳に記された基礎年金番号を記入する。

「生年月日」

生年月日の年号は該当するものを丸で囲み、年・月・日の記入において一桁の場合には、数字の前に「0」を記入する(07月、08日など)

フリガナ

字は楷書(かいしょ)で、フリガナはカタカナではっきりと書く。

アの氏名欄

被保険者本人が署名する場合には、被保険者の押印は不要。

その他

★マークの箇所は、該当するものを選択する。

※マークの箇所は記入しない。

国民年金、または共済組合に加入している人は、エ、オ、キ、クの記入は不要。
(エ「最初に被保険者として使用されていた事業所の名称、所在地(または船舶所有者の氏名、住所)及び、取得年月日」、 オ「現に被保険者として使用されている(又は最後に被保険者として使用された)事業所の名称、所在地(または船舶所有者の氏名、住所)」、 キ「上記の通り被保険者から再交付申請がありましたので届出いたします。(事業所所在地、事業所名称、事業主氏名記入欄)」、ク「社会保険労務士の提出代行者印の欄」)


年金手帳再交付申請書の添付書類

あれば基礎年金番号通知書や年金証書を持参。基礎年金番号がわからない場合は印鑑・免許証・健康保険証など本人を確認できるものを持参する。 また、年金手帳がき損等の場合には、その年金手帳を持参する。


厚生年金増額対策まとめ

厚生年金繰り下げ受給加給年金中高齢の特例60歳台前半の特例定時決定育児休業
退職改定任意単独被保険者高齢任意加入被保険者在職老齢年金3歳未満の養育特例

国民年金増額対策まとめ

任意加入被保険者国民年金繰り下げ受給保険料免除制度国民年金基金時効の2年間
前払制度(保険料前納)会社員(厚生年金加入)付加年金第3号被保険者

年金Q&A

公的年金制度と年金問題老後の年金生活の実態よくある年金の勘違い年金と税金
年金、ここが損得の分れ目国民年金の保険料国民年金保険料の免除厚生年金の保険料
年金の受給全般老齢基礎年金の受給老齢厚生年金の受給加給年金の受給寡婦年金
厚生年金保険への加入国民年金への加入年金の任意加入離婚時の年金分割
遺族厚生年金 遺族基礎年金中高齢寡婦加算在職老齢年金QA国民年金基金QA

国民年金・厚生年金情報通

厚生年金厚生年金と国民年金国民年金年金生活消えた年金問題

年金の手続きその他

年金受給者の手続き裁定請求書の書き方と留意点年金相談事例厚生年金の受給開始年齢
年金読書録(年金、年金生活、社会保障関連の本)消えた年金記録とは?プライバシーポリシー