年金受給選択申出書【様式第202号(社保庁と共済等から支給される年金の選択)】の書き方と留意点

厚生年金・国民年金増額対策室国民年金・厚生年金の手続き(年金受給者が行う手続きの一覧) > 年金受給選択申出書

厚生年金・国民年金増額対策室

年金受給選択申出書【様式第202号(社保庁と共済等から支給される年金の選択)】

年金をもらっている人が、さらに他の年金も受けられるようになったときには、 原則としてどちらか一つの年金を選択することになります。その際に年金受給選択申出書を提出します。

なお、「年金受給選択申出書」には2種類あり、年金の支払いが社会保険庁と地方庁(老齢福祉年金)、または共済組合等の組合せの場合には 「年金受給選択申出書(様式第202号)」を使用し、年金の支払いがすべて社会保険庁から行われる場合には 「年金受給選択申出書(様式第201号)」を使用します。 このページでは前者の書き方等を説明いたします。

年金受給選択申出書(様式第201号・様式第202号)の画像(社会保険庁HP)

年金受給選択申出書の提出期限

年金受給選択申出書の提出期限はとくに定められていませんが、すみやかに提出します。

年金受給選択申出書の提出先

年金受給選択申出書の提出先は、各年金の支払い先が社会保険庁の組合せである場合には、社会保険事務所または市区町村。 各年金の支払い先が社会保険庁および共済組合等の場合には社会保険事務所です。(後発の年金の裁定を共済組合等で行なう場合には、共済組合等の本部または支部)

年金受給選択申出書の書き方と留意点

年金受給選択申出書の記入事項に沿って留意点をご説明いたします。
なお、表中の数字は届書に記されたものに対応しています。

記入事項

年金受給選択申出書の書き方と留意点

1の基礎年金番号および年金コードの欄および2の欄

1の「受けようとする年金の年金証書の基礎年金番号・年金コードまたは共済組合等の年金証書の記号番号 (支給停止の解除を申請する年金)」には、これから受けようとする年金の年金証書の基礎年金番号および年金コードを記入する。

また、1および2「受けようとする年金以外の年金証書の基礎年金番号・年金コードまたは共済組合等の年金証書の記号番号」の欄に記入する年金が、共済組合等の年金である場合 には、その年金の種類と支払先名(国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団、[編集] 農林漁業団体職員共済組合等)を記入する。

「遺族給付を受けようとする65歳以上の老齢給付の受給権者」または 「障害給付を受けようとする65歳以上の老齢給付または遺族給付の受給権者」が1、2、3に記入する内容

1の欄、および2の「受けようとする年金以外の年金証書の基礎年金番号・年金コードまたは共済組合等の年金証書の記号番号」 の欄、さらに3の「遺族給付を受けようとする65歳以上の方で老齢給付の受給権者の方は、次のいずれかを選択するか記入して下さい」 「障害給付を受けようとする65歳以上の方で老齢給付または遺族給付の受給権者の方は、次のいずれかを選択するか記入して下さい」の欄について、 遺族給付を受けようとする65歳以上の老齢給付の受給権者または、障害給付を受けようとする65歳以上の老齢給付または遺族給付の受給権者は、その年金の選択または併給 の仕方によって、次のように1,2,3の各欄を記入する。

【パターン1:同一支給事由の遺族基礎年金遺族厚生年金(遺族共済年金)を選択する人】
1.遺族基礎年金・遺族厚生年金(遺族共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.老齢給付の年金証書の基礎年金番号・年金コード
3.ア「遺族基礎年金と遺族厚生年金(遺族共済年金)を選択」の欄を丸で囲む

【パターン2:遺族給付(旧厚生年金保険および旧船員保険ならびに旧共済組合、または新国民年金および新厚生年金保険ならびに新共済組合の死亡を支給事由とする年金) の全部と老齢給付(国民年金法の年金では、老齢基礎年金・老齢年金(福祉年金も含む)・通算老齢年金。厚生年金保険法の年金(旧船員保険法を含む)では、老齢厚生年金・ 老齢年金・通算老齢年金・特例老齢年金・養老年金。共済組合法の年金では、退職共済年金・退職年金・減額退職年金・通算退職年金・特例退職年金)の一部(国民年金の 老齢給付は全部)の併給を希望する人(パターン3の場合を除く)。(老齢給付または遺族給付のうちいずれかまたはすべてが新法である時は、65歳以上であること)】
1.遺族給付および老齢給付の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.記入なし
3.イ「遺族給付と老齢給付の一部併給(ウの場合を除く)」の欄を丸で囲む

【パターン3:配偶者の死亡による遺族厚生年金(遺族共済年金)の一部と老齢基礎年金の全部および老齢厚生年金(退職共済年金)の一部の併給を希望する人】
1.遺族厚生年金(遺族共済年金)と老齢基礎年金・老齢厚生年金(退職共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.記入なし
3.ウ「遺族厚生年金(遺族共済年金)(配偶者の死亡によるものに限る)の一部と老齢厚生年金(退職共済年金)の全部または一部と老齢基礎年金の併給」の欄を丸で囲む

【パターン4:旧遺族年金(旧厚生年金保険および旧船員保険の遺族年金)と旧障害年金等(旧厚生年金保険・旧船員保険の障害年金および、旧遺族年金と同一事由でない旧遺族年金) の一部併給を希望する人(老齢給付が新法であるときは、65歳以上であること)】
1.旧遺族年金の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.老齢給付と旧障害年金等の年金証書の基礎年金番号・年金コード
3.エ「旧遺族年金と旧障害年金等の一部併給」の欄を丸で囲む

【パターン5:同一支給事由の障害基礎年金と障害厚生年金(障害共済年金)を選択する人】
1.障害基礎年金・障害厚生年金(障害共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.老齢給付または遺族給付の年金証書の基礎年金番号・年金コード
3.オ「障害基礎年金と障害厚生年金(障害共済年金)を選択」の欄を丸で囲む

【パターン6:障害給付(障害基礎年金および旧国民年金の障害年金)の全部と老齢厚生年金(退職共済年金)、または障害給付の全部と遺族厚生年金(遺族共済年金)の併給を 希望する人。(障害給付または老齢給付もしくは遺族給付のうちいずれかまたはすべてが新法であるときは、65歳以上であること)】
1.障害給付と老齢厚生年金(退職共済年金)または障害給付と遺族厚生年金(遺族共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.記入なし
3.カ「障害給付と老齢厚生年金(退職共済年金)または遺族厚生年金(遺族共済年金)の併給」の欄を丸で囲む

【パターン7:障害給付(障害基礎年金および旧国民年金の障害年金)の全部と老齢厚生年金(退職共済年金)の全部または一部、および配偶者の死亡による遺族厚生年金 (遺族共済年金)の一部の併給を希望する人。(「全部または一部」とは、遺族厚生年金(遺族共済年金)の受給権者が平成19年4月1日以降に発生した人は、「全部」、それ以外 の人は「一部」となる。)】
1.障害基礎年金と老齢厚生年金(退職共済年金)と遺族厚生年金(遺族共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.記入なし。
3.キ「障害給付と老齢厚生年金(退職共済年金)の全部または一部と遺族厚生年金(遺族共済年金)(配偶者の死亡によるものに限る)の一部の併給」の欄を丸で囲む

【パターン8:障害給付(障害基礎年金(障害福祉年金裁定替え分)および旧国民年金の障害年金)の一部(旧国民年金法による障害年金は全部)と老齢給付 (旧厚生年金保険および旧船員保険の老齢年金・通算老齢年金・特例老齢年金・養老年金・旧共済組合の退職年金・通算退職年金)の一部と遺族厚生年金(遺族共済年金)の全部 の併給を希望する人】
1.障害給付と老齢給付と遺族厚生年金(遺族共済年金)の年金証書の基礎年金番号・年金コード
2.記入なし
3.ク「障害給付の一部と老齢給付の一部と遺族厚生年金(遺族共済年金)の併給」の欄を丸で囲む

7の「備考」

7の備考欄には、1または2に記入すべき年金が、裁定請求中であるときに次の事項を記入する。

  • 裁定請求書の種類(その年金が旧法の年金である場合はその制度名も含める)
  • 提出した社会保険事務所名・市区町村名および地方社会保険事務局名ならびに共済組合等の本部(支部)名
  • 提出年月日

8の「配偶者について、以下の欄に記入して下さい」の欄

8の欄は、老齢給付・障害給付を受けようとする人に配偶者がある場合、配偶者について記入する。 8の上段「現在、公的年金制度等から老齢・退職または障害を支給事由とする年金を受けていますか」については「ア.老齢・退職の年金を受けている、イ.障害の年金を受けている、 ウ.いずれも受けていない」の中から該当する者を丸で囲む。アまたはイに該当する人は、8の中段「受けているときは、その公的年金制度等の名称及び年金証書の基礎年金番号・ 年金コード、恩給証書等の記号番号」および8の下段「その支給を受けることとなった年月日」にも記入する。なお、公的年金等とは次の制度をいう。

  • 1.国民年金の障害年金および障害基礎年金
  • 2.厚生年金保険
  • 3.船員保険(旧法の年金のみ)
  • 4.国家公務員共済組合
  • 5.地方公務員等共済組合
  • 6.私立学校教職員共済
  • 7.農林漁業団体職員共済組合
  • 8.恩給
  • 9.地方公務員の退職年金に関する条例
  • 10.日本製鉄八幡共済組合
  • 11.執行官
  • 12.旧令による共済組合等
  • 13.戦傷病者戦没者遺族等援護法

4と9の押印

4の氏名記入欄と生計維持申立欄にある受給権者の押印欄については、選択関係にある年金が共済年金である場合は省略できない。

5の「生年月日」

年号は該当するものを丸で囲み、年・月・日の記入において 一桁の場合には、数字の前に「0」を記入する(05月、06日など)

フリガナ

字は楷書(かいしょ)で、フリガナはカタカナではっきりと書く。

「生計維持申立」欄

新たに選択する年金の額に加算額(振替加算を除く)または加給年金額が加算される人は、生計維持申立欄に生計を維持していることの申立てを 行なう。ただし、選択する年金がすでに支給されており、当該加算額または加給年金額が、その加算対象者について支給済みであるときには、申立ての必要はない。

なお、選択する年金が共済組合等が支給するものであり、その年金に加給年金額または遺族共済年金にあっては遺族基礎年金の例による子にかかる加算額が加算されるときも 同様に申立てをする。

その他

提出年月日等も忘れずに記入する。


年金受給選択申出書に添付する書類

受けようとする年金(新法の年金にあっては、基礎年金・厚生年金・共済年金の別)の支給が停止されている場合(一部支給されている場合を除く)、 次のような書類を年金受給選択申出書提出の際に添付する。


厚生年金増額対策まとめ

厚生年金繰り下げ受給加給年金中高齢の特例60歳台前半の特例定時決定育児休業
退職改定任意単独被保険者高齢任意加入被保険者在職老齢年金3歳未満の養育特例

国民年金増額対策まとめ

任意加入被保険者国民年金繰り下げ受給保険料免除制度国民年金基金時効の2年間
前払制度(保険料前納)会社員(厚生年金加入)付加年金第3号被保険者

年金Q&A

公的年金制度と年金問題老後の年金生活の実態よくある年金の勘違い年金と税金
年金、ここが損得の分れ目国民年金の保険料国民年金保険料の免除厚生年金の保険料
年金の受給全般老齢基礎年金の受給老齢厚生年金の受給加給年金の受給寡婦年金
厚生年金保険への加入国民年金への加入年金の任意加入離婚時の年金分割
遺族厚生年金 遺族基礎年金中高齢寡婦加算在職老齢年金QA国民年金基金QA

国民年金・厚生年金情報通

厚生年金厚生年金と国民年金国民年金年金生活消えた年金問題

年金の手続きその他

年金受給者の手続き裁定請求書の書き方と留意点年金相談事例厚生年金の受給開始年齢
年金読書録(年金、年金生活、社会保障関連の本)消えた年金記録とは?プライバシーポリシー